離乳食28日目 鯛ペースト小さじに増やしてもパクパク♪

鯛ペースト小さじ2 離乳食・初期メニュー

離乳食28日目です。
お魚デビューした昨日、心配しましたがアレルギー反応はありませんでした。
今日は少し増やして「鯛ペースト 小さじ2」です。

娘は鯛ペーストがお気に入りなので、食べさせるのが楽しみ♪

離乳食28日目のメニュー

じゃがいも粥(10倍粥)小さじ8  鯛ペースト 小さじ2

鯛ペーストの作り方はこちら ⇒離乳食27日目のメニュー

じゃがいも粥は小さじ8なのでたっぷりですが、鯛ペーストは小さじ2でこの量です。
スプーンですくうだけで、ちょっとモサモサした感じが分かります。

鯛ペースト小さじ2

離乳食28日目(実食) 娘の反応

昨日美味しそうに食べた鯛ペースト。
今日は量が少しだけ増えて、小さじ2です。
食べやすいようにお湯で伸ばして、少し「顆粒片栗粉 とろみちゃん」でトロミをつけました。
とろみちゃんはササっと振りかけるタイプの片栗粉。
離乳食にとっても便利なので、重宝しています。

鯛ペーストはやはりトロミをつけた方が飲み込みやすいようです。
それ以上に、鯛の味がお好みのよう♪
ゴックンすると、すぐに口を開けて待っています。
10倍粥や野菜にはなかった反応です。
よっぽど魚が好きなのかも。

そういえば、子供の食べ物の好みは母親が妊娠中に食べたものに影響されるといった米の研究結果があるという記事を見たことがあります。
私は魚が大好き♪
ただ、水銀の心配があり、妊娠前に比べると魚を食べる量は少なかったように思います。
鯛は特に注意が必要でない魚ではあります。
でも、妊娠中は食べなかったと記憶しています。
鮭やサバ、サンマ、ブリなどを良く食べていました。
娘も魚好きになってくれればいいな♪
魚はタンパク質、カルシウム、DHAなどが豊富に含まれていますから。

鯛ペースト小さじ2完食

娘は鯛ペースト小さじ2をペロリと完食!
やっぱり鯛が好きみたいです♪

ただ、お口の周りはベタベタ~ 相変わらずです。
鯛だらけになってしましました。
すぐにキレイに拭き取りました。
そうしないと、またかぶれて赤いポツポツが出てしまうかもしれません。

鯛ペースト完食で満足

そのあとに食べさせたじゃがいも粥もしっかり食べました。
小さじ8ともなると結構な量。
ただ、鯛ペーストほど好きな味ではないようで、途中飽きてきて暴れまくり。
時間がかかり疲れてしまいました。

 

離乳食28日目のスケジュールはこちら

07:10  授乳
09:00  離乳食 じゃがいも粥(10倍粥)小さじ8  鯛ペースト 小さじ2
09:40  昼寝
12:00  ミルク115ml 授乳
13:55  昼寝
14:55  昼寝
16:15  授乳
17:30  おふろ
18:45  ミルク140ml 授乳
19:00  就寝
00:00  ミルク80ml 授乳

体重は6815g(生後9か月、修正月齢7ヶ月)

この日、私は胃カメラ検査のため病院へ行きました。
娘は生まれてからずっとミルクも母乳もあまり飲まず、私は悩みっぱなし。
早産児フォロー健診に行くたびに「体重が増えていません」と叱られるばかり。
あまりに飲まない時は「どうして飲まないの?お願い!飲んで~」と泣いたことも…
ミルクも母乳も完全に拒否した時はスポイトでチビチビ口元に垂らしたことも…
相談したくても母は遠方。
主人は出張で家にはいない。
ストレスで胃の調子が悪くなってしまいました。
胃カメラを受けることを覚悟で、病院を探しました。
赤ちゃんを連れて受診が可能かどうか。
預けることが出来ない以上、連れていくしかありません。
近所の病院2件、断られました。
電車でひと駅の病院で「大丈夫ですよ」と言ってくださり、受診。
恐らく逆流性食道炎でしょうが、一度ちゃんと胃カメラ検査を受けた方がいいと言われ、はじめて胃カメラすることに。

胃カメラの検査中、看護師さんが娘を見てくださいました。
まだ人見知りをしないのですが、さすがに最初は大泣き。
ただ、眠たかっただけのようで、すぐに看護師さんの抱っこでお昼寝。
その間、私は胃カメラ検査を受けることができました。
結果はやはり逆流性食道炎。
薬を処方され「ストレスをためないように」と言われて、帰宅。

実家が近くであれば、娘を預けて出かけることが可能です。
でも、転勤で引っ越してきたばかり。
知り合いもなく、実家も遠いとなれば、困ることがいっぱいです。
風邪などはひかないよう注意をしてきたのですが、まさかの胃…
もっと自分の体も気を付けなければと思いました。