離乳食16日目 キャベツペーストに「とろみちゃん」で食べやすく

とろみちゃん 離乳食・初期メニュー

離乳食16日目です。
昨日イヤイヤしたキャベツペースト…どうしたものか。
味が嫌い?
いや…
キャベツは繊維が多くて食べにくかったのかもしれません。
赤ちゃんの離乳食は食べやすくしてあげることが大切♪
食べにくいものをトロミをつけて食べやすくします!
簡単にとろみをつけられる「とろみちゃん」を購入しました。

とろみちゃん

 

離乳食16日目のメニュー

  かぼちゃ粥(10倍粥)小さじ6  キャベツペースト 小さじ2

10倍粥にかぼちゃペーストを混ぜたかぼちゃ粥、とろみをつけたキャベツペースト。
10倍粥だけで味気なかった離乳食。
だんだんと美味しそうな色味になってきました♪

キャベツペーストの作り方(とろみちゃん編)

用意するもの  キャベツペースト、とろみちゃん(顆粒片栗粉)

キャベツペーストの作り方はこちら ⇒離乳食15日目のメニュー

1.出来上がったキャベツペーストにサラサラっと振りかける。

とろみちゃんをふりかける

2.混ぜて、好みのとろみになったら出来上がり。
キャベツペーストにいい感じにとろみがついています。
これなら赤ちゃんでも食べやすそう♪

キャベツペーストとろみつき

片栗粉だと水溶き片栗粉に65度程度の熱が必要になります。
簡単です。でも、そのひと手間が面倒だったりします。
かたまり過ぎたり、玉になったり…
そのちょっとした手間を省きたい!ということで「とろみちゃん」です。

とろみちゃんは水溶きなしで「とろみ」がつけられる画期的な片栗粉。
原材料はジャガイモでんぷん。
顆粒状なので、サラサラっと使えます。

 

離乳食16日目(実食) 娘の反応

かぼちゃ粥は昨日と同じでパクパク。
小さじ6もあるので、時間はかかりましたが完食。
かぼちゃの甘みが美味しいのかもしれません。
さて、問題はキャベツペーストです。
昨日は味が嫌なのか、サラサラで食べにくいからなのか、イヤイヤして進みませんでした。
たった小さじ1に5分以上かかりました。
今回はとろみのついたキャベツペーストです。
味が苦手かと思っていたのですが、とろみをつけたらパクパク食べました♪
ちゃんとこしたつもりでしが、繊維が多くて食べにくかったのかも。
とろみちゃんのおかげで食べやすくなったみたいで良かったです。
ちょっとした手間でパクパク食べてくれるのですから嬉しい!

 

離乳食16日目のスケジュールはこちら

07:00  授乳
09:00  離乳食 かぼちゃ粥(10倍粥)小さじ6  キャベツペースト小さじ2  授乳
10:00  綿棒浣腸
10:50  昼寝
11:35  ミルク140ml
14:30  昼寝
16:30  授乳
17:20  おふろ
18:40  ミルク180ml 授乳
19:10  就寝
00:00  ミルク140ml 授乳

体重は6750g(生後8か月、修正月齢7ヶ月)
じりじりと少しずつ体重は増えてきています。
1日1日はさほど変わりはありませんが、1週間単位で見ると確実に増加♪
飲まない子なので、恐らく他の子に比べると緩やか成長なのでしょう。
同じ月齢の子に比べると離乳食も少し少なめかもしれません。
友達の子は同じ時期に10倍粥を1.5倍ほど完食するとか。
ただ、かなりプクプクちゃんですっっ
離乳食の進め方はそれぞれですが、ゆっくりでいいように思います。
もっと!もっと!と欲しがる子には母乳やミルクを少なめにしていけば肥満も避けられますし、徐々に卒乳に向けて準備ができますね。
うちの娘の場合、卒乳したとしても、離乳食はそんなに食べないだろうと覚悟しています。
食べない子なりに考えていくしかありません。
早産だったため、産まれた時は1800gだった娘。
早産の子の場合、「大きくしたい」と言う母親の願望が強くなり、必要以上に食べさせようとしてしまいがちになるとか。
そのため、早産児は成人してから肥満になる確率が高いという統計が出ているそうです
早産時フォロー健診時に小児科の先生から「ゆっくりで大丈夫」と指示がありました。
食べてほしい気持ちと、ゆっくり成長して欲しい気持ち。
焦らず適度に頑張っていこうと思います。