離乳食22日目 はじめての豆腐すり流しで赤いポツポツ出た!アレルギー?!

豆腐 離乳食・初期メニュー

離乳食22日目です。
今まで10倍粥と野菜、果物と進めてきました。
今回は次のステップです♪
はじめての食材「豆腐」です。
初のたんぱく質!初の加工品!
豆腐は栄養が豊富で離乳食の初期にはおススメの食材。
しかし、原材料の大豆はアレルギー27品目に含まれているため、注意が必要
初めての場合は必ず加熱し、小さじ1から始めます

豆腐

離乳食22日目のメニュー

人参粥(10倍粥)小さじ7  豆腐のすり流し 小さじ1

今回も野菜粥にしてみました。
にんじんペーストの冷凍保存があるので、痛まないうちに使いたいと思います。
娘はにんじんペーストそのままは苦手なよう。
でも、にんじん粥にすると食べやすいので私も楽々♪

 

豆腐のすり流しの作り方

用意するもの  豆腐 1.5㎝角、水

1.小鍋にお湯を沸かして、豆腐を入れる。
2.豆腐はサッと火が通ったら取り出す。
火を通しすぎると硬くなってしまいます。
3.煮汁を少し加えて、茶こしやすり鉢でこして滑らかにします。

豆腐のすり流し

豆腐のすり流しは「だし汁」でのばすと美味しいと思います。
しかし、豆腐は初めての食材。
だし汁はまだ娘には食べさせたことがないため、豆腐は敢えて煮汁でのばしました。
初めての食材が2つにはならないよう注意しています。

また、豆腐は柔らかいのでスプーンやフォークでも簡単につぶすことが可能。
初期の場合は、茶こしなどで裏ごしする方が滑らかで口当たりが良いです。

豆腐は冷凍保存には向かない食材です。
豆腐は冷凍し解凍すると、水分が抜けてしまいスッカスカ、ボッソボソ状態に…
また、痛みやすい食材なので、1食分ずつ作ることをおススメします。

 

離乳食22日目(実食) 娘の反応

お粥はにんじん粥です。
小さじ7は35ml。
結構、量が増えてきました。
小さなお皿がいっぱいになってきたのが分かります。
あ~成長♪なんて思いながら、10分ほどでにんじん粥完食!

さて、豆腐のすり流しです。
豆腐ははじめて、しかもアレルギー品目なので緊張します。
アレルギー症状は口の周りや口の中が赤くかぶれたり、腫れたりするケースが…
豆腐に限らず、大豆・大豆製品はたんぱく質が豊富で食べて欲しい食品の一つ。
できれば、アレルギー出ないで欲しい!
と、願いつつ豆腐のすり流しを小さじ1食べさせました。

はじめての食感。
豆腐は少し食べにくそうです。
もそもそしながら小さじ1を完食。

豆腐のすり流し完食
もっと滑らかにした方がいいのか、それともトロミをつけてあげた方がいいのか。
食べさせ方を考えたいと思います。

午後になり、口の周りに赤いポツポツが出ました!!
「これはもしかして大豆のアレルギー?!」かと思い、すぐに小児科を受診。
すると、軽く「違いますよ」と先生はおっしゃいました。
「ただ単に、口の周りがかぶれただけです」と。
食べさせる時に、口の周りにベタベタとつきませんでしたか?と聞かれ…
あ~よくありますっっ

確かに、今日もこんな感じでした!

豆腐だらけの口周り

豆腐というより、カッテージチーズが付いたみたいになってます。

今回、娘の赤いポツポツは口の周りだけでした。
アレルギーは全身に症状が出るもので、口の周りだけなら「かぶれ」が殆どらしいです。
うわ~絶対にアレルギーだ!と焦ったものの、かぶれ程度でホッと一安心。
赤い発疹が出ると心配になりますよね。
でも、娘のようにアレルギーではないこともあるみたいです。
赤いポツポツは数時間ほどで消えてなくなりました。

離乳食22日目のスケジュールはこちら

07:00  授乳
09:00  離乳食 にんじん粥(10倍粥)小さじ7  豆腐のすり流し 小さじ1
09:40  授乳
10:20  昼寝
11:30  ミルク130ml
14:00  授乳
14:20  昼寝
16:00  授乳
17:30  おふろ
18:50  ミルク160ml 授乳
19:10  就寝
00:00  ミルク140ml 授乳

体重は6805g(生後8か月、修正月齢7ヶ月)

最近より一層、母乳の量が減ってきました。
回数は与えても、飲む量は少ない。
授乳量ははかっていませんが、おっぱいがガチガチになっているので分かります。
明らかに飲んでないって…
ミルクの量も全体的に少なめ。
もちろん、体重も2歩戻るって感じです。

ただ、良いことがありました♪
昨日チラっと見えた口の中の白いもの。
やはり「歯」でした!
大泣きした時に、はっきり歯が見えたんです。
いよいよ歯が生えてきたのかと感無量。
小さなことでも大きな幸せに感じます。
歯第一号、おめでとう☆