高齢出産して後悔していますか?疲れで体力の限界が・・・

高齢出産ママです

高齢出産したこと、後悔していますか?

「高齢出産」と検索すると出てくる「後悔」というワード

 

子どもがほしい!と願いながらも、なかなか子宝に恵まれず

ようやく出産できた時には40代だった。

 

望んで望んで産んだのに。。。後悔するものでしょうか。

体力がついていかない40代。

初めての子育てで戸惑うのは当たり前のこと、ですよね。

 

思っていたのと違う…高齢出産に心と体がついていかない

子育てって、想像していたものと全然違う。

妊娠して初めて分かること。

出産して初めて分かること。

子育てして初めて分かること。

 

40年も生きてきましたが、子育ては初めて

 

子どもが欲しくて欲しくて、頑張った不妊治療。

あんなに辛い不妊治療だったのに、過ぎてしまえば、

すっかり忘れてしまうものです。

 

高齢出産してみて、初めて子育てというものに、直面し

愕然としたことは、私自身の体力の無さ

 

結婚前は週3でスポーツクラブに通っていたので、普通に

そこそこは体力あるつもりでいました。

 

でも、3時間おきの授乳でフラフラ。

ミルクもおっぱいも飲まない娘に精神的にも追い詰められ

ていき、ボロボロ。

 

子育ってって大変だ。

でも、私だけじゃないはず。

若くたって、夜中の授乳はキツいはず。

みんな頑張ってるんだなぁって、凄く感心しました。

 

高齢出産ママ友からのメール「こんなはずじゃなかった」

 

 

高齢出産は全体的にみれば、まだまだ少数派です。

しかし、高齢出産ママには高齢出産ママ友が集まるわけです。

同じような悩みを持つもの同士♪

 

ある日、高齢出産ママ友から一通のメールが届きました。

「子育てって大変だね、こんなはずじゃなかった」と。

 

高齢出産したことを後悔しているような内容が続いていました。

心配になり、会って話がしたいと思いましたが、残念ながら、

旅行レベルの遠方のため、メールを送るのが精一杯。

 

けれど、彼女からの連絡が途絶えてしまいました。

数カ月後、ようやく返信があった時は本当にホッとしました。

 

家族や環境にもよりますが、高齢出産にワンオペ育児が重なると

想像よりもキツい状態になってしまいます。

 

ほんのちょっと弱気になってしまうことだってあります。

後悔とまではいかないまでも、追い詰められて考えすぎることは

誰にだってあること。

 

ただ、子どものために頑張れる!

多少体力は劣っていますが、それを受け入れた上での子育て。

人それぞれのペースでいいのではないでしょうか。

人は人、私は私で。

 

育児中の強い味方、宅配やハウスクリーニングなどの家事代行

一人で抱えすぎるとストレスも溜まります。

何でも自分でしようなんて思わない方がいいのではないでしょうか。

 

頼れるものは頼っていい!

子育ても家事も一人で頑張りすぎるよりは頼った方がいい!

私はそう思います。

 

高齢出産でなくても、初めての出産・子育ては大変です。

初めてのことばかり、分からないことばかり。

夫の協力が得られるかどうかも家庭によって様々です。

 

私の場合は主人が出張がちの仕事で殆ど家にはおらず、

生まれたばかりの娘と二人きりの生活。

 

ただただ、必死でした。

高齢出産を後悔?

そんなこと考える余裕すらありませんでした

 

頼ったのサービスは私の食事。

食事の宅配はとても便利でした。

 

買い物に行って、料理をするという作業がカットできます!

もちろん、後片付けも楽々♪

 

自分の食事だけを作るのは大変だったので、助かりました。

また、自分では作らないメニューが多いのも魅力☆

 

食材の宅配サービスも多くありますが、食事の支度に時間が

かかるので、私は宅配弁当がお気に入りでした。

 

完全ワンオペ育児ではなく、家族の協力が得られるのであれば

嬉しいですね。

 

赤ちゃんの黄昏泣きで40代の体力が限界に

 

生後2か月を過ぎたころから始まると言われる黄昏泣き。

特にこれといった原因がないと言います。

 

黄昏泣きは夕方になると、理由もなく泣き始め、数時間

泣き続けること

 

赤ちゃんの全員が全員、黄昏泣きするわけではありません。

黄昏泣きをするのは赤ちゃん全体の約5分の1ほど

 

その5分の1に娘は当てはまってしまったようです。

夕方になると、突然泣き始めます。

 

授乳は終わっているので、お腹が空いているわけではなく、

オムツも濡れていません。

抱っこしっぱなしなので、寂しいというわけでもなさそう。

 

3時間おきの授乳中、夜もぐっすり眠れない日々。

夕方の数時間の黄昏泣きは毎日のストレスになっていました。

 

どうして泣いているのか、分からない!

 

自分自身も眠くて、体力もきつくて、なぜ泣いているのか。

訳分からず、イライラしてしまう自分に落ち込みまくり。

 

40代だからしんどいの?

 

いえ、そんなことはないみたいです。

20代・30代でも、体力的にも精神的にもしんどいものは

しんどいものです!

 

黄昏泣きの対処法なんて、特にないんですよね。

ただ、このままずっと泣き続けることはない。

今は泣きたい時間なんだね…と、膝にのせてゆらゆら抱っこ。

 

数年経った今、思い出すと「そんなことあったなぁ」くらい

のこと。

懐かしい思い出です♪