離乳食を食べない時の進め方<br>食べることは楽しいよと伝えましょう

離乳食を食べない時の進め方
食べることは楽しいよと伝えましょう

離乳食を食べない子に無理やり食べさせるなんてことできません。
あまりにも食べない娘に私は「お願い食べて~!」って泣きそうになったことが何度もあります。
何で食べないんだろ? うちの子は… 何で?何で!!って。
一切口を開かず、食べようとはしない娘。
ほとんど手が付けられていない離乳食。
またか…と疲れ果てていました。

食べない子に悩む

でも、食べない子は食べないんです。
あるとき、うちの娘は食べることに興味がないんだなと気づきました。
ちょっと厄介なパターンですね。
ただ、食べることに興味がないということは、他に興味があるとも取れます。

食べない子に「食べることは楽しい♪」と伝えましょう

お腹が空かない子の場合、お腹が空くまで待つという手があります。
元々、小食でお腹の空かないタイプですね。
大人になってからも、小食の方は大勢います。
それが赤ちゃんの頃からそうであると言えば、納得できます。
赤ちゃん・子供だからといって、全員がいっぱい食べるということはあり得ません。

うちの娘が食べることに興味がないんだと気づいたのは、1歳を過ぎた頃でした。

離乳食に何を出しても反応が薄いのです。
普通、好きなものが出されたら、喜びます。
赤ちゃんだって、喜びます。
でも、うちの娘の場合は特に反応がなく、ただスプーンで口元にはこぶと仕方なく食べることが多かったのです。

離乳食の盛り付けを考える

そのうえ、自分から食べようとはしませんでした。
赤ちゃんは目の前に出されたものに興味を持つことが多いはず。
なのに、娘は知らん顔。
食べることを楽しいと思っていないのだと感じました。

だったら、食べることは楽しいって伝えることからだ!と思いました。
私は食べることは楽しいと思います。
お腹が空いたときに、大好きなものを食べると嬉しくなります。
色とりどりに綺麗に盛り付けられたお料理を見るとテンションがあがります。
お腹いっぱいなのに、別腹♪と言いながらデザートを食べるのは最高です!

デザート最高

もちろん、赤ちゃん・子供なので離乳食に出すメニューは限られます。
でも、見た目で楽しくなるようなお料理を出すことは可能です♪
赤ちゃんの感受性も高まりますし、離乳食に対する興味が沸くかもしれません。
幼稚園児が喜ぶキャラ弁!とまでは言いません。



可愛いお皿。
キャラクターの絵が付いたコップ。
変わった形のスプーン。
そして、飾られた離乳食。
赤ちゃんだっていつもと違う離乳食に「お♪」って思うでしょう。
毎回サプライズ的なことなんて出来ませんが、ちょっとしたことで楽しいと感じる工夫が出来るのでは?
ただ、キレイに盛り付けるだけでもパっと見、華やかに見えます♪

湯葉と海苔のお粥

これは「湯葉と海苔のお粥」です。
私が「湯葉が食べたーーーーい!」と思ったので、娘の離乳食にも出してみました。
ちょっと見た目も華やかに見えるよう盛り付けも考えて。
いつもと違うお粥を前に娘は興味津々♪
完食とはいきませんでしたが、8分目までは食べました!

食べる時も工夫をします。
食事のマナーを重視されているご家庭には向きませんが、遊び感覚で食事を楽しんではいかがでしょう。
うちの娘の場合はマナー以前に、全く食べないので、まずは食べることを優先しています。

スプーンにすくったご飯を「あ!電車が来た~!!」
とガタゴトガタゴト言いながら、娘の口元に運ぶと自然と口を開けてパクっと食べるのです。
食事というよりは、もはや「電車ごっこ的な遊び」になっています。
同じように私自身も遊びながら食べます。
食べることは楽しい♪と、まずは感じてほしいからです。
黙々食べることは赤ちゃんにとって辛い時間の子だっていますから。
強制的に食べさせられると、美味しいとは感じないことだってありますよね。

そして、ママ自身が楽しいと思いながら食べること♪
赤ちゃんは敏感に感じ取っているのです。
食べないことで怒っているたり、悲しんでいたりすることを。
素敵な食器で自分自身のテンションを上げたり、新しい食材で子供の反応を楽しんだり。
いつもイライラする自分にサヨナラして、気分転換!

さて、「今日は食べるかな~?このハンバーグ絶対に美味しいよ~!」
と、ノリノリで娘に食べさせようとしても、一切口を開きません。
またこんな感じか…って、ちょっと凹みはします。
けれど、明日はもう少し食べるかもしれないよねー
と、離乳食の残りを私がパクパク食べて夕飯終了です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする