そんなにも食べたくないなんて・・・衝撃
ストレスで髪の毛をプチプチ抜く娘

髪の毛引っ張る 食べない子について

子供が離乳食を食べたくない理由ってさまざまだと言います。
食べたくないのに、食べろって言われたら…きっと嫌ですよね。
うちの娘の場合、それがストレスとなって現れてしまいました。

やけに手を髪の毛に持って行くなぁ
指にくるくる髪の毛を巻き付けるなぁ
気づいたものの、単なるクセかな?と、あまり気にとめていませんでした。

 

食べたくないストレス?! 髪の毛をプチプチ抜く娘

離乳食を食べないと悩んでいる方、多いと思います。
私はいっぱいおっぱいを飲むのが赤ちゃん。
いっぱい食べるのが普通と思い込んでいたことがありました。
でも、そうではないんですよね。

食べない子だって、いっぱいいます!

おっぱい、ミルクはいっぱい飲んでいた子も、そうでない子も。
いきなり初めてのものが口に入って来るんですから、最初はビックリしたことでしょう。
離乳食を美味しいと感じた子はパクパク食べるようになり、
何これ?!と拒否反応が出た子は食べない子になるのかもしれませんね。

娘は食べたくない子。
食事の時間は私にとって、憂鬱な時間でした。
全く食べようとしない子に何とか食べさせようとする辛い時間。
進まないので、朝食も昼食も夕食も1時間はかかります。
1日、食事を食べさせるだけに3時間!

でも、それは娘にとっても同じこと。
食べたくない娘からすれば、地獄のような時間だったのかもしれません。

ふと気づくとフロアマットの上に髪の毛が落ちているのです。
1本や2本ではありません。
何本も束になって落ちているのを見た時、ゾッとしました。
娘だ…と。

髪の毛が落ちてる

普段でもそうですが、特に離乳食を食べている時、娘は必ず右手が髪の毛を触っているのです。
くるくるくるくる、指で髪の毛を絡ませては遊んでいるように見えました。
でも、そうではなかったんですね。
食べたくないストレスで、髪の毛を抜いていたのだと思います。

だからと言って、何も食べさせないわけにはいきません。
1歳2か月で卒乳しています。
ミルク、おっぱいはもう与えていません。
となると、栄養を摂るのは離乳食のみ。
全く食べないと栄養失調になってしまいます。

もうどうすればいいか、分からなくなりました。

なるべく、髪の毛を触らないよう注意してみていました。
指が髪の毛に行くと、すぐにオモチャを持たせたり、いっぱい話しかけたり。
「髪の毛を抜いちゃダメ」と言っても、まだあまり理解できない月齢。
それに、頭ごなしに言うとかえってストレスが大きくなってしまうかもしれません。
つねに、娘の気をそらせるよう頑張るだけ。

50本以上の髪の毛が!! 娘は抜毛症?

ある日の朝のことでした。
娘のパジャマを見て、私は凍り付きました。
いーーーーーぱいの髪の毛が付いていたのです。

寝ている間に抜いた髪の毛がパジャマについた?!

それ以外、考えられません。
でも、それも考えたくありませんでした。

ストレスがここまで来たのか…と。
怖いけれど、ちゃんと見ておかなければ!と思いました。
娘のパジャマについた髪の毛を1本、1本数えてみたのです。

全部で54本…

 

髪の毛引っ張る

普段からも目をはなさず、娘の様子を見ているとプチプチ抜いている姿を何度も見ました。
また、何本も髪の毛をまとめて指に絡ませて、一気に引き抜く!といったことも。
それは食べることが嫌で嫌で、ストレスだたのかもしれませんが、いつの間にかクセになってしまったようなのです。
食事中ではない時も抜いてばかり。

私は娘に何をしてあげればいいのか、悩みました。

嫌だと感じる食事を少しでも変えていこう!

それが娘に【こどもバナナ青汁】を飲ませるキッカケでした。
食べることが嫌いでも、ジュースを飲むことならハードルは意外と低いようです♪
青汁は気休めかもしれません。
でも、バナナだって、青汁だって、栄養はあります。
私の場合は牛乳で割って飲ませているので、牛乳の栄養だってあります。
全く何も食べないより、全然いいと思うのです。



娘は【こどもバナナ青汁】のことをジュースだと思っています。
ジュースと言っても何も言わないくらい、飲みやすいということですね。
これから色んなものを少しずつでも口にして、食べることを好きになってほしいと願っています。
女子ですからね、いつかきっと食べるの大好きになるんじゃないかな~って思います♪