断乳ではなく、卒乳は良いけれど、食べない子は卒乳後も食べない

断乳ではなく、スムーズな卒乳は良いけれど
食べない子は卒乳後も食べない

卒乳はいつごろですか?
1歳頃から卒乳をお考えではありませんか?
出来れば、無理やりな断乳ではなく、卒乳がいいですよね。

ミルクを飲む赤ちゃん

断乳ではなく、スムーズな卒乳を目指して♪

授乳はいつまでと考えて続けていますか?
1歳頃になると離乳食が3食になり、そろそろ卒乳かなと思いますよね。
ただ、卒乳は自然に赤ちゃんがおっぱいから離れることをいいます。
一般的に10ヶ月ごろ~3歳くらいまで。

しかし、卒乳は個人差があります。
ある日突然、赤ちゃんがおっぱいを欲しがらなくなったり、自然と離れて行ったり。
出来れば自然な流れが赤ちゃんにとって良いことだと思います。

ただ、なかなか難しいというのが本音ではないでしょうか。
仕事復帰するため、ママの体調が悪く薬を飲みたい、第二子、三子を妊娠した。
等々、様々な理由で断乳せざるを得ない場合もあるかと思います。

もっとおっぱいが飲みたいと思っている赤ちゃんに断乳…
そのために色々と工夫をして断乳される方も多いのではないでしょうか。

すんなり断乳・卒乳するためのステップ!

いきなり断乳では可哀そうです。
赤ちゃんにも前もって準備をしておいてあげたいですね。

「この日が来たら、おっぱいバイバイだよ」
と、少し前から終わりであることを赤ちゃんに知らせておく。

哺乳瓶を止めて、マグで飲むよう慣らしておく。

徐々に授乳の間隔を開けていき、回数を減らしていく。

離乳食の量を増やしていく。

寝かしつけの時、おっぱいをやめていく。

断乳・卒乳のための事前準備は必要です。
もちろん、ある日突然に赤ちゃんから離れて行くといったこともあります。
タイミングの問題ですが、少しずつ慣らしていき、徐々に進めるとスムーズに卒乳出来ます。

しかし、スムーズな卒乳が難しい場合、強硬手段を行う方もいらっしゃいます。

・おっぱいに絵を描く
・おっぱいに苦いマヴァラ バイターストップをつける。

これはちょっと可哀そうな方法ですが、効果は絶大だそうです。
友達のところはなかなか断乳が出来ず悩んでいました。
そこで、最終手段だ!
バイターストップという強行策を選びました。
あら、ビックリ! あっという間に断乳は出来たそうです。
ですが、丸2日間ママに近寄らなかったとか…
「ママが苦いもの塗った!」と赤ちゃんなりに分かっているのでしょうね。

食べない子は卒乳・断乳後も食べません…

うちの娘は1歳2か月で卒乳しました。
本当にスムーズな卒乳といっていいと思います。
離乳食は3食になっていましたが、量は極々わずか。
超がつくほどの小食でした。

「おっぱい止めるといっぱい食べるようになるよ!」
先輩ママさんからの言葉にちょっと期待をしていた私。
ですが、食べない娘には全く通用しませんでした。

残念ながら、食べない子は卒乳・断乳しても食べません!

元々おっぱいやミルクをいっぱい飲んでいる子であれば、離乳食の量は増えると思います。
おっぱい分を食べたいですからね。
それまで離乳食はあまり食べなかったという子は急にパクパク!
そういうお話は良く聞きます。

でも、うちの娘は元々おっぱいもミルクもあまり飲まなかったのです。
生まれながらの小食なのでしょうね…

こういった子の場合は卒乳・断乳しても離乳食が増えることはありません。
元々飲んでいる量が少ないのですから当然ですね。
期待もむなしく、離乳食の量は変わらず。
おっぱい・ミルクがなくなった分、1日の量で考えれば、減った!と思います。

ただ、卒乳は本当にスムーズでした。
徐々におっぱいとミルクの量・回数を減らしていっただけです。
元々私の方から飲ませていただけで、娘は欲しがったことが1度もない子。
そのため、私が飲ませなかったらそのまま寝ました。

スムーズな卒乳でしょうが、正直ちょっと寂しかったです。
少しは欲しがって欲しかったな~なんて…
卒乳した翌日も欲しがらず、そのままでした。
離乳食の量も変わらず、増えずといった感じで。

ただ、寝かしつけだけは悩みました。
いつもおっぱいが終わるとそのまま寝ていたので…

手と手をつなぐ

おっぱいがなくなり、いきなりどうやって寝かしつけるか?
うちの場合は「お手てつないで寝んねしよっか」で解決!
おっぱいを飲むと安心するのが赤ちゃんですよね。
なので、安心できるよう手をつなぎました。
すると、すぐに寝息を立てて寝んね♪

食事の時は本当に悩ましい娘ですが、卒乳はとっても良い子でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする