離乳食56日目 はじめての「バナナ」小さじ1を3口で完食!

バナナ 離乳食・初期メニュー

離乳食56日目です。
はじめての食材は「バナナ」です。
果物はリンゴ以来ひさしぶりになります。
バナナは柔らかく甘いので、離乳食に向いています。
離乳食初期から食べさせることもできる上、糖質が高くてエネルギー源にもなります。
ただ、気をつけたいのはアレルギーです。
バナナはアレルギーを起こしやすい27品目に含まれている食材。
はじめてバナナを食べさせる時は慎重に!
必ず、平日の午前中に小さじ1から始めましょう。

バナナ

離乳食56日目のメニュー

1回食(8:40)
  にんじん粥、さつまいも、バナナ 小さじ1

2回食(16:20)
  しらす粥、さつまいも、コーンスープ

 

バナナペーストの作り方

用意するもの  バナナ 適量

1.食べさせる量のバナナを耐熱皿に入れます。
2.ラップして600wで30秒ほど加熱します。
3.つぶして完成です。

バナナペースト

バナナを加熱するとあまり美味しくないイメージがあります。
もちろん、生で食べさせても大丈夫なのですが、はじめての場合は気になります。
私は初期であれば、加熱して食べさる方が安全だと思います。
加熱したバナナに慣れてきたら、生を食べさせても大丈夫でしょう。

離乳食56日目(実食)娘の反応

1回目
初めてのバナナです。
普通はもっと早めにバナナは食べさせるのかもしれません。
娘の場合、離乳食の進みがスローペースです。
これまでアレルギーは起こしていませんが、バナナも慎重に!

バナナペースト 小さじ1

ひと口食べさせると、甘くて美味しかったのでしょう。
すぐに口を開けました。
「もっと」と言っているようです♪
小さじ1を3口で完食しました。
もう無いと分かったのか、娘はムスッとしてしまいました。

バナナペースト完食!

先週あたりから、離乳食後の授乳をしなくなってきました。
離乳食で満足しているのであればいいんですが、原因は分かりません。
確かに少しずつですが、離乳食の量は増やしています。
これを機に卒乳に向けて、徐々に授乳を減らしていこうと思います。

2回目
これまでトウモロコシはペーストでしたが、今回はコーンスープにしてみました。
ミルクで溶いているので、甘味が増して飲みやすいようです。
スプーンで少しずつ飲んで完食!

お水をストローマグであげると、上手に吸えるようになってきました♪
コツがわかるとあっという間にマスターしちゃいましたね。
もうストローマグの蓋についているボタンを押さなくても自分で飲めるようになりました。

離乳食56日目のスケジュール

07:00  授乳
08:40  離乳食1回目 にんじん粥、さつまいも、バナナ 小さじ1
09:30  昼寝
11:40  ミルク140ml 授乳
15:00  授乳
15:35  昼寝
16:40  離乳食2回目 しらす粥、さつまいも、コーンスープ
17:50  おふろ
18:40  ミルク165ml 授乳
19:20  就寝
00:00  ミルク140ml 授乳

体重は7165g(生後10か月、修正月齢8ヶ月)

ストローも上手になり、離乳食も少しずつ食べる量が増えてきました。
しかし、娘はまだハイハイをしません。
生後10か月といえば、早い子だともう歩いている子もいます。
興味を持ちそうなオモチャをエサにハイハイを促していますが、全然。

この日は雨でした。
抱っこ紐で娘を抱っこして、スーパーにお買い物。
ビニール傘に振ってくる雨粒を不思議そうに見上げる娘。
たまには雨もいいね♪