離乳食43日目 はじめての玉ねぎペースト

たまねぎ 離乳食・初期メニュー

離乳食43日目です。
初期は離乳食の進め方が分からず、手探り状態でした。
でも、意外にも娘はしっかり食べてくれるのでほっとしています。
はじめての食材は「たまねぎ」です。
玉ねぎは消費者庁が指定するアレルギー品目には含まれていません。
全くでないとは言い切れませんが、アレルギーが出にくい食材。
帰省中で最近は何も新しい食材を食べさせていませんでしたが、玉ねぎなら!
初めて玉ねぎペーストを作ってみようと思います。

たまねぎ

 

離乳食43日目のメニュー

1回食(8:30)
 キャベツ粥(10倍粥)小さじ9、たまねぎペースト 小さじ1

2回食(17:15)
 キャベツ粥(10倍粥)小さじ9、にんじんペースト 小さじ2

 

たまねぎペーストの作り方

用意するもの  たまねぎ 1/2個  水 500ml

1.玉ねぎを洗い、スライスします。
2.お鍋に玉ねぎと水を入れて加熱。
3.アクを丁寧に取りながら、柔らかくなるまで煮ます。
4.ゆで汁を少し足し、ブレンダーでつぶして完成。

たまねぎペースト

たまねぎは離乳食初期から食べられる食材です。
加熱すれば柔らかく、甘い玉ねぎは赤ちゃん好みのお味♪
今回はちょうど時期だったので、新玉ねぎを利用しました。
さらに美味しいはずです!
私も味見をしてみました。
辛みは全くなく、とろとろで甘~い玉ねぎでした。
今後はスープにしたり、他の野菜と混ぜるなどアレンジしていけそうです。

 

離乳食43日目(実食) 娘の反応

1回目
たまねぎは初めての食材なので、食べさせるのは午前中です。
アレルギーは出にくい玉ねぎですが、念のため慎重に!

娘にたまねぎペーストをひと口。
「ん?何?」って顔をしてました~!
初めての味、初めての食感、ちゃんと分かったようです。
どれを食べさせても同じ反応より、嬉しいです♪
たまねぎペーストをあっという間に完食しました。
甘味があって美味しかったのだと思います。

たまねぎペースト完食

2回目
親戚の家にお出かけしていたので、少し遅くなってしまいました。
いつもなら16:30頃が2回食なのです。
お腹が空いているかもしれないから、帰りたい…
でも、なかなか帰れません。
というのも、娘より1歳年上の女の子がいて、その子が使っている歩行器で遊ぶ!遊ぶ!
下そうとすると怒って泣くのです。
歩行器がかなりお気に入り♪

歩行器にご満悦

それを見ていた母が「歩行器に座らせて、そのまま良く食べさせたわ~」と懐かしんで話してくれました。
なるほど、歩行器にはトレイが付いています。
バンボに座らせて食べさせていますが、位置が低いので腰が辛い。
歩行器という手もあるな~と思いました。

親戚の家から帰宅し、すぐに2回目の離乳食。
やはり遅くなってお腹が空いていたのでしょう。
用意したキャベツ粥とにんじんペーストをあっという間に完食。
食欲旺盛で嬉しい♪

 

離乳食43日目のスケジュール

06:20  授乳
08:30  離乳食1回目 キャベツ粥(10倍粥) 小さじ9、たまねぎペースト 小さじ1
10:30  昼寝
11:40  ミルク120ml
13:30  授乳
14:00  親戚の家にお出かけ
14:20  昼寝
17:15  離乳食2回目 キャベツ粥 小さじ9、にんじんペースト 小さじ2
18:20  おふろ
19:10  ミルク170ml 授乳
19:35  就寝
00:00  ミルク140ml 授乳

(生後9か月、修正月齢8ヶ月)

今回の帰省を機にはじまった娘の人見知り。
とりあえず、はじめて会う人はみんなダメ。
特に男性は酷い。
近づくだけでダメのケースが多い。
親戚のみなさんにたくさん抱っこしてもらったけれど、全滅。
けれど、1歳上の赤ちゃんがいることで今日はかなりマシだったように思います。
小さいのでお互い一緒に遊ぶことはないけれど、何か感じるものがあるんでしょうね。