食べない娘の偏食が極端すぎ。青汁・スムージーで栄養補給中!

食べない娘の偏食が極端すぎる
朝食を青汁・スムージーで栄養補給!

2歳くらいになると始まるのが子供の偏食。
偏食とは…栄養に偏りがある状態。いわゆる好き嫌い。
2歳児の偏食には親は悩まされます。
一般的にこの頃が多く、みな通る道かもしれません。

食べない娘の偏食が極端すぎて参った…

うちの娘は基本ほとんど食べません。
いったい何を食べて育っているんだろうと、いつも不思議に思うほどです。
そんな娘は1歳半を過ぎたころから本格的に食べなくなりました。

自分から食べるものは「乾燥わかめ」
それも、乾燥わかめをそのまま欲しいというのです。
参ります…
乾燥わかめは水分を吸収すると大きく膨らみます。
そのため、ネットなどを検索すると乾燥わかめをそのまま食べると危険!と書いてありました。

もちろん、娘が食べるのは小さなカケラを2つ。
さすがにそれ以上は食べさせません。

娘が乾燥わかめを好きになったキッカケはお菓子でした。
リケン そのままサクサク食べるわかめというおつまみ的なおやつがあるのです。

小さいわかめなので、子供には食べやすいようでした。
私もおつまみにポリポリ♪

スナック菓子やビスケット類も食べない娘。
たまたま買った食べるわかめにハマりました。
公園に行くとみんなおやつを持ってきています。
ベンチに座って、スナック菓子を食べるのです。
そんな中、娘はたべるわかめをポリポリ♪
ママ友さんたちからは「相変わらず、渋いね」と言われました。

私もリケン そのままサクサク食べるわかめは好きです。
おつまみになります♪
でも、近所のスーパーでは売っておらず…

ある日、お味噌汁に乾燥わかめを入れていた私に娘が「わかめ!」と叫びました。
たべるわかめの存在をすっかり忘れていた私。
「わかめを食べるの?」とビックリしました。

リケン そのままサクサク食べるわかめ はその名の通り、サクサク♪
コンソメ味とうめ味あり、どちらも美味しかったです。
わかめなので、栄養はあるし、カロリーは低めだし、おつまみには最適。
でも、娘が食べるのはどうなんだろうと悩みました。
そればかり食べては困るからです。
わかめなので、結構お腹が膨れます。

食べない子が欲しがっているのだから、食べさせてあげたい。
近所では売っていなくても、ネットでは買えます。
結局、買うのを諦めました。
他に好きになるものが現れると信じて。

ただ、その結果…乾燥わかめを食べるようになってしまったんですけど。

朝食は青汁・スムージーで栄養補給!

現在の朝食は青汁です。
食べないのですから、どうしようもありません。
その代わり、ジュースと言って青汁やスムージーを出しています。

青汁は子供でも飲める「青汁」です。
ネットでこどもフルーツ青汁を購入して私が飲んでみたところ、とても飲みやすかったです。

娘に飲ませる青汁は牛乳で割るようにしています。
はちみつを加えるとより一層飲みやすくなります♪

スムージーの時も同じです。
牛乳やバナナを食わるととても飲みやすいです。
ただ、粉末の青汁と違い、スムージーは野菜によっては繊維が残ります。
繊維質が多いと、どうしても口に残ってしまいます。
それが、子供には飲みにくいと感じるかもしれません。

これは小松菜とバナナのスムージーです。
ミキサーでかなり混ぜているのですが、よく見ると小松菜が見え隠れ…
これが喉にひっかかるらしく、ゴクゴクは飲んでくれません。

娘にスムージー

最初に飲みにくいと思ってしまっては最後。
もう、次はありません。
これは飲みにくいジュースだと認識してしまうので、最初が肝心!
美味しく仕上がるよう味見は必須。

残念なのは色です。
緑色はどうやっても変えることは出来ません。
ただ、青汁がまずい、美味しくないと思っているのは大人だけだと思います。
ちょっと前に見た「まずい、もう一杯」のイメージがあるからかもしれませんね。
子供にはそのイメージはありませんので、緑色でもジュースだから美味しいで通しています。

うちの娘は野菜をほとんど食べません。
そのため、野菜ジュースという言葉を使っていません。
野菜というと、それだけでジュースでも飲まないからです。
飲んでみれば、食べてみれば、美味しいものがいっぱいあるのに…
ひと口目を口にしない娘は好きなものが増えません。

それでも、体重は少しずつ増えていっています。
身長も伸びてきました。
食べてないのに、どうしてあんなに走れるんだろうと不思議に思いますが…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする